YBA Audio Refinement

YBA Audio Refinementについて

Audio RefinementはYBAのセカンドブランドです。
高い評価を得たYBAのインテグレアンプは、誤差率の少ないオリジナルパーツを使い技術者が手作業で組み立てていましたので生産台数に限度がありました。 そこで設計者ANDREは4つの条件を設定して新しいシリーズの設計を始めました。 @高い評価のシングルトランスのIntegreに近い音質である事。A低価格で生産効率が良い事。 Bα動作で放熱が少なく故障が少ない回路である事。Cシンプルで飽きのこないデザインである事。 そして3年後の1998年に女性デザイナーを含むグループと共に、新しいシリーズAudio Refinementを完成させました。

Audio RefinementのImtegre CompleteとCD Completeはフランスの女性らしいエレガントなデザインと、暖色系の耳あたりの良いサウンドで、世界のオーディオファイルから多くの支持を得ました。 プリメインアンプのIntegre Complete とCDプレーヤーのCD Completeは1993年に一部のパーツを バージョンアップした後もロングセラーを続けてきました。

Audio RefinementのCompleteシリーズは9年ぶりにマイナーチェンジされOvertureシリーズになりました。 アンプはRコアの電源トランスが120mmから135mmになり出力も50Wから70Wになりました。 Overtureのフロントパネルのレイアウトは同じですが操作ノブがスラントタイプに変更されています。 アンプには、女性デザイナーの提案による好評のボリュームリターン機能もそのまま付属しています。 これは電源をOFFにした時に自動的にボリュームが出力零に戻る機能です。 Overtureには、YBAオリジナルパーツと共にWIMAやALPSなどの高性能パーツも採用されています。 また、アルミ素材のリモコンも付属しています。 Overtureはシルバー仕上げが標準仕様となりました。

Audio Refinementの主な特長

 ■高価なRコアの電源トランスを採用(アンプ)
 ■電源が切れるとボリュウムがゼロに戻る、専用モーターの採用(アンプ)
 ■コンデンサーやターミナルにYBAオリジナルパーツを採用(アンプ)
 ■CDのメカニックは実績のあるSONY社製を搭載(CD)
 ■耳当たりの良さを優先する方の為に、18bitマルチDACを搭載(CD)
 ■Overture CD1dtにYBA特許の、ブルーレイダイオードを搭載!音が更に鮮明になりました

Overture A1

Overture A1
*Blackはお取り寄せになります

Overture A1
*Overture CD1 dtとのセットアップ

Overture A1
*リアパネル
Overture A1 dt(リモコン付き)標準価格 ¥382,800(税込)
※2022/11/1マイナーチェンジ発売(A1dtはトランジスターがダブルでハイパワー仕様 新ヒートシンク採用)
シリーズの第1弾は1998年発売のComplete Seriesです。
アンプはIntegre CompleteでCDプレーヤーは、CD Completeでした。第2弾はプリント基板をバージョンアップして2007年に、Completeαとして発売されました。第3弾は2012年に発売されたOverture Seriesです。アンプはOverture A1で,電源トランスの強化でパワーが50W+50Wから70W+70Wになりました。
そして、今年の年末に発売されるのがOverture A1dtとOverture CD1dtです。
A1のdtはダブルトランジスター採用の意味です。方チャンネル8個のパワートランジスタから2倍の16個のパワートランジスターが搭載されます。
出力は余裕で100W+100Wをオーバーします。放熱板にトップカバーを利用しているのも新しい手法です。
パワートランジスター16個を、高性能のRコア電源トランスで駆動します。ヒートシンクに8個の穴が開いていますが、ヒートシンクの熱をトップカバーに逃がす新しい方式です。
再生周波数帯域 10Hz〜40KHz±3dB
全高調波歪率 0.02%以下(1W)
S/N比 95dB以上
定格出力 100W+100W(8Ω)
入力 RCAピン 6系統
電源トランス Rコア 
仕上げ 非磁性体アルミカバー  
寸法 W442×D320×H105(mm)
重量 7.5Kg

Overture A1

Overture A1
*Blackはお取り寄せになります

Overture A1
*Overture A1 dtとのセットアップ

Overture A1
*リアパネル:モデル名のOverture CD1dtの銘板があります
Overture CD1 dt(リモコン付き)標準価格 ¥382,800(税込)
シリーズの第1弾はIntegre Completeと同じ1998年です。 バージョンアップもIntegreと同じ時期におこなって、音質も併せています。 雑誌社も同じシリーズの組み合わせを推薦しています。 2021年10月にIntegreもCDプレーヤーも音質を併せてマイナーチェンジをします。
今回はモデル名の後ろにdtが付きますがIntegreのdtとCDプレーヤーの dtは意味が異なっています。 アンプのOverture A1dtのdtはパワートランジスターをダブルで使用しています。 左チャンネルに8個、右チャンネルに8個使用していたパワートランジスタを、 倍の16個ずつの32個使用して、ダイナミックレンジの拡大に貢献しています。 CDプレーヤーのdtはダブルトランスの意味です。 一般的にCDプレーヤー消費電力は15VA前後と少ない為、小さな電源トランスで 済まします。 勿論、デジタル用もアナログ用も同じ電源トランスから供給します。 しかし、デジタル回路は僅かながらアナログ信号にデジタルノイズを与えます。 CD1dtは電源トランスをダブルにして専用で使用します。 暖色系の耳当たりの良い、18bitsマルチD/Aコンバーターがさらに静かな サウンドを供給します。 ドライブメカは安定と実績のあるSONY社製を採用しています。
リモートコントロールは重量のあるアルミニウム製です。 アンプにもCDプレーヤーにも同じリモートコントロールが同梱されています。
YBAのハイエンドモデルと同じ、ブルーレイダイオードを搭載!
音のディテールが鮮明になる事で知られているブルーレイがこの価格でお手元に届きます。
*ブルーレイダイオードについての情報はSignature CDの説明箇所に記載していますのでご覧ください。
再生周波数帯域 20Hz〜20KHz±0.5dB
全高調波歪率 0.02%以下
チャンネルセパレーション 95dB以上
S/N比 100dB以上
D/Aコンバーター 18bitsマルチ
アナログ出力 1.2V
仕上げ 非磁性体シャーシ アルミトップカバー  
定格消費電力 14VA
寸法 W442×D320×H105(mm)
重量 5.8Kg
デジタル読み取り補助 ブルーレイダイオード(YBA特許)
Copyright(C) アポロンインターナショナル all rights reserved.